(出典 i.ytimg.com)


   



 





西野 亮廣(にしの あきひろ、1980年(昭和55年)7月3日 - )は、日本のお笑いタレント・絵本作家・著作家(兵庫県川西市出身、兵庫県立川西緑台高等学校卒業)。漫才コンビ・キングコングのツッコミ担当(相方は梶原雄太)。絵本作家としてのペンネームはにしの あきひろ(身長173cm、体重57kg)。
41キロバイト (5,348 語) - 2020年9月7日 (月) 10:25




(出典 Youtube)

 取材を受けて、記事になるまでの吉本の広報のチェックのやり方に、西野さんが激怒しています。
 取材中に発言していなかったことが掲載されていたり、全然違う内容になっていたりしたそうです。
 しかも今回が初めてではなく、過去にも何度かあり、取材と違う内容の記事になるなら、そのような取材は受けないということにしていたそうです。しかしながら、吉本は人事異動が半年に1回あり、引き継ぎがきちんとされていなかったようです。

こういうことって、他の業界でもありますよね。
わかってもらえるまでに何度も話すしかなく、なめられたり、聞き流されたりしても、こちらがいろんな意味で損害を受けてしまうので、感情的に交渉するしかなくなってしまうと、かなりしんどいと思います。

今回YouTubeで配信されたことで、西野さんの意見は世の中に広く拡散されたことでしょう。西野さんのように自分の会社を持たれている人は、間に吉本を通さないという方法で改善できるでしょうが、その方法が取れない人もたくさんいます。

記事が世に出るときのチェック方法が、早く改善されてほしいですね。


15 【ライターにブチギレ】1/8 :2020/09/10(木) 02:10:37 ID:nwq16+2v0.net  

【ライターにブチギレ】

●2017/01/09(LINEブログ)
インタビュアーが台詞を作るな

2時間、みっちりと膝を合わせて、真剣に向き合った
インタビュー取材でしたが、僕が言ってない言葉を、僕の口調で、
しかもタイトルとして使われて、また、アクセス数を
稼ぐ為だけに選んだ言葉(「僕が妬ましいからでしょ」)に、
2ちゃんねらー的なセコさと下品さが見えて、仕事相手としては
モーレツに気持ちが悪かったので、記事を取り下げていただき、
連載も白紙、すべてお蔵入りにさせていただきました。
https://lineblog.me/nishino/archives/9254191.html

●2017/01/14【会議を見せるテレビ 第26回】(ニコ生)
https://logmi.jp/business/articles/183244
(※↑ログミーの文字起こしは実際よりマイルドに改変されてます)

西野:僕も完全にキレちゃったんですけど。完全にキレて。
   もう「お蔵入り」って言って完全にキレちゃったんですけど。
   雑誌の取材のインタビューで、えーと、僕のコメントを
   スタッフさんとかがちょっといじるんですよ。

西野:で、で、でなんですよ、でなんですよ!
   料理するんだったら美味しく料理しろと。
   (自分を指差し)イイ素材も、すごく新鮮な野菜だからぁ。
   もうこのままでも、もう美味しくいただけるのに。
   なにを…お前みたいなもんが、どの…いや、言っとくけれど、
   お前がコンパしている間、お前がギャンブルしてる間、
   お前が競馬してる間、お前が家族サービスしてる間、
   お前がなんかしてる間…俺はずっっっと
   エンタメのことを考えているぞっ!!!
   世界で一番、自分がエンタメのことを考えていて!
   (手をワナワナ震わす)

33 通行人さん@無名タレント :2020/09/10(木) 13:50:29.76 ID:UHKttdA70.net

>>0015
西野さんがそのままでも食べられる新鮮野菜?!
いや、どんだけ自分が見えてないんだよ。そのままでも食べられないから、東野みたいな一流が調理したり、ゴッドタンとかでのゲテモノレシピになるんじゃん。

 38 アメブロ(4/4) 2020/09/10(木) 14:24:28.87 ID:woY1RDQ30.net

 …ていう話を、実は、昨日のYouTubeの生配信でしたら、
「いやいや西野さん、吉本興業がとってきてくれる取材案件がなくなりますよ」
と言われたんですけども……腹割って喋っていいですか?

多くの場合、僕のインタビュー記事の宣伝を一番しているのは、僕なんです。
その媒体よりも、僕個人の方が影響力があるんです。

それを言うと、「いやいや、ギャラを貰ってるんだから」みたいな、
「お金で折り合いをつけろよ」的なことを言われるんですが、
インタビューなんて無償だし、あっても「謝礼」ぐらいだと思います。
いくらかは知りませんが。

「記事」と「お金」ということだけで言えば、僕、自分のオンラインサロンに
毎日記事を投稿しているのですが、だいたいサロンの一記事の売り上げが230万円です。
お金で折り合いをつけるのであれば、僕は、もっとサロンに集中します。

ライターさんが捏造した記事の「手直し」に時間がかかり、
ライターさんが捏造した記事の「尻拭い」を延々とさせられて、
そして、その記事(媒体)を西野が宣伝する。
それでも僕が、その仕事をやらせてもらっている理由は一つで、その媒体さんの応援です。

お金なんかじゃないです。

「お互い頑張っていきましょうね」という人間関係だけでやらせてもらっているので、
「約束を守らない」が何度も続くと、一緒にやれないんですね。

昨日、吉本興業と話をして、西野の取材の窓口からは外れていただきました。
もしかしたら、それによって、僕の取材が減っちゃうかもしれないのですが、
そもそも僕は他のタレントさんと違って表に出たい人間ではないし、
発信したいことがあれば、自分のメディアで発信した方が多くの方に届くので、
今後は、そうさせていただきます。

今回の件で、もしかしたら応援してくださっている皆様にご心配をおかけしたかもしれません。
ごめんなさい。

とりあえず、こういう感じで着地しましたので、御報告です。
引き続きよろしくお願いします。
  
西野亮廣(キングコング)

52 通行人さん@無名タレント :2020/09/10(木) 19:17:02.57 ID:OxiVKsK+0.net

>>38
>
>
> 多くの場合、僕のインタビュー記事の宣伝を一番しているのは、僕なんです。
> その媒体よりも、僕個人の方が影響力があるんです。
>
>
> ライターさんが捏造した記事の「手直し」に時間がかかり、
> ライターさんが捏造した記事の「尻拭い」を延々とさせられて、
> そして、その記事(媒体)を西野が宣伝する。
> それでも僕が、その仕事をやらせてもらっている理由は一つで、その媒体さんの応援です。

タレントのインタビューなんて最新の出演作や著作の宣伝を前提に出ることが多いのに
↑みたいな発想できるのはやっぱりすごいわ
雑誌やweb記事が影響力で負けるのはサロンメンバーに対してくらいだろ
(そのサロン民にしても何十回と聞かされてる話だから今さら新たな影響力があるのか? 
だったら西野を知らない層にもわかりやすい親切な記事を書いてくれたライターには感謝してもいいと思うがなぁ
それを自分のほうが宣伝してる(サロン内に対して?)つもりの「媒体さんの応援」とかどんだけエライんだよ

年末の映画公開に向けてプロモーションの一環でインタビュー取材が多くなると思われるけどこんなスタンスで臨むつもりかね
そもそも全部を流せるわけもないテレビの取材も受けるのかという問題もあるしさ
主演や監督が表に出ることもなさそうだから西野を看板に宣伝しなくちゃならない東宝の担当者も不幸だな 

41 通行人さん@無名タレント :2020/09/10(木) 15:01:41.62 ID:wNF6oAAp0.net

まあ、取材で主張や言葉がねじ曲げられるのは実際よくある話で批判されるべきだな
しかし一切手を加えるなってのは諸々の制限で不可能なのでアホな主張
そして西野さんのインタビュー記事なんて穴埋め程度の価値しかない   

                                                  (出典 キングコング西野公論 390)